たこ、ウオノメ

たこもうおのめも、皮膚への慢性的な刺激が原因で起こります。たこは足の裏以外にも癖や生活習慣によってでき、皮膚の角質が厚くなったもので、痛みはほとんど感じません。 うおのめは たこ よりも狭い範囲への刺激によって起こり、足の裏にできることが一般的です。皮膚の内側に向かって芯ができ、強い痛みを伴います。 治療は、サリチル酸を成分とした貼り薬で治療します。痛みがある場合は、硬い部分を削る処置をします。

前の記事

皮膚潰瘍

次の記事

ほくろ