ほくろ

ほくろは皮膚にできる良性腫瘍で、表皮と真皮の境界や、真皮の中のメラニン色素を作る母斑細胞が増殖することでできます。褐色ないし黒色の色合いをしており、平らなものや盛り上がったものもあります。悪性黒色腫、基底細胞癌など、ほくろによく似た悪性腫瘍との区別が重要で、当院ではダーモスコープという特殊なレンズを用いて正確な診断を心がけています。 治療は切除や高周波メスでの除去が可能です。

前の記事

たこ、ウオノメ

次の記事

脂漏性角化症