アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、もともと皮膚のバリア機能が低下して乾燥しやすくなっていることに加え、ダニやハウスダスト、ストレス、環境変化などの悪化要因が加わって症状が形成されます。 強いかゆみのため引っ掻いてしまい、さらに皮膚の症状が悪化するという悪循環に陥ることがあります。 血液検査でアレルギー因子を明らかにし、かゆみを抑えるお薬(飲み薬や塗り薬)や皮膚のバリア機能を高める保湿剤を併用して治療していきます。従来の飲み薬や塗り薬のみでは改善が乏しい方には、注射薬(デュピクセント)の治療も行っております。

前の記事

湿疹・皮膚掻痒症

次の記事

シミ取り