ピアス

ファーストピアスはピアスを通すためのホールを安定させるため、長時間(約1か月~1か月半)皮膚に装着する必要があります。
細菌感染を起こさないように清潔な処置を行い、金属アレルギーになりにくい素材を使用する必要があります。
ピアス処置は医療行為であり、ご自身でピアスを開けると、不潔になり感染をおこしやすいなど後々トラブルを起こす元になります。ファーストピアスは医療機関で医療用ピアスを使用しておこなうのが安全です。
当院では金属アレルギーに対応した、医療用の純チタン製ファーストピアスを使用してピアスを開けます。軸の長さも太さもファーストピアスとして適合したものです。
耳たぶピアスはクーリングをおこないピアスガンで、軟骨ピアスやへそピアスは麻酔をして医療用のニードルでおこないますので、痛みは少ないです。
ピアスホールの化膿やかぶれが起こった場合は、皮膚科専門医が診察をおこないます。

前の記事

医療脱毛

次の記事

いぼ・ほくろ除去