乳児湿疹

乳児は特に生後1ヶ月から半年の時期には皮脂の分泌が活発であり、ジュクジュクした湿疹ができやすくなります。その後はカサカサした湿疹が多くなります。湿疹は頭・顔を中心に胸にも広がります。乳児湿疹を治療せずに皮膚の炎症状態が持続すると、アレルゲンに感作され、将来的に食物アレルギーや喘息、花粉症などのアレルギーが発症しやすくなるともいわれています。皮膚を清潔に保ち、適切な保湿ケアと処置が大切です。治療では、スキンケア、保湿ケア、ステロイド外用など、外用治療が主体です。

前の記事

脂漏性皮膚炎

次の記事

尋常性ざ瘡(にきび)