二重瞼手術(埋没法、全切開法)

毎朝二重瞼を作成するのに時間がかかっている方も多いのではないでしょうか?二重瞼のりやテープを長期間使用すると、皮膚が伸びて上まぶたのたるみの原因になると言われています。二重瞼手術を行うことで、ノーメークでも二重の状態となり、メーク時間も大幅に短縮されます。
当院では埋没法と切開法の二種類の方法で治療ができます。自分に一番似合う二重瞼が分からないという方も多いと思います。くっきり平行型、ナチュラルな末広型、自然な奥二重瞼など、患者様のご希望を伺いながら、ご自身の目の形やお顔に合う二重の型をじっくり相談しながらシュミレーションをおこなっています。

・埋没法は、数ミリのマイクロカットをおこない、大きく切開せずに二重形成を行う手術です。埋没法のメリットは、全切開法と違い、痛み、内出血、腫れといったダウンタイムが少なく、傷跡も目立たないことです。デメリットは、稀に外れてしまうことがあります。当院では外れにくいように工夫して丁寧に糸を留めておりますが、万が一外れた場合は1年以内は無料で再手術をおこないます(薬代は別途要)。自然な二重を希望される方や、長期間のダウンタイムの確保が難しい方におすすめです。
当院で行っているのは瞼板法です。上まぶたにある瞼板という組織の上端と、皮膚側の組織を縫い付けることによって二重ラインを作成します。

・全切開法は、デザインした二重ラインに沿ってメスを入れ、皮膚を切開し、強固な二重ラインを作る方法です。傷跡は二重のラインに沿って残るため、ほとんど目立たないことが多いです。全切開法のメリットは、埋没法よりも持続性があり、基本的には半永久的な二重が手に入ることです。デメリットは、内出血や腫れなどのダウンタイムが埋没法と比べて長いことです。平行型や幅の広い二重を希望する方におすすめです。


前の記事

シミ取り