伝染性軟属腫(水いぼ)

子どもの皮膚に水いぼのウイルス(伝染性軟属腫ウイルス)が入り込み、表面に光沢のある小さなできものが出来る感染症です。自然に治る場合もあります(数ヶ月から数年かかります)。炎症を起こすと痛み、痒みを伴うこともあります。皮膚でウイルスが繁殖し、次々に水いぼの数が増えたりします。水いぼを直接触ったり、プールなどで感染してしまうことがあります。アトピー性皮膚炎の方は悪化しやすいといわれていますので、保湿ケアが大切です。治療は専用の医療器具で処置を行います。

前の記事

ヘルペス