多汗症(腋窩、手掌)

多汗症は、発汗時に必要以上の汗が出てしまい、症状の程度によっては日常生活のさまざまな場面で支障をきたしてしまう疾患です。 多汗症には、全身に発汗が多くみられる「全身性多汗症」と、手のひらや足の裏、脇、顔、頭部など身体の一部で発汗が多くみられる「局所性多汗症」があります。 神経障害や感染症、内分泌代謝異常、精神的緊張など原因となる病気がある場合(続発性)と、原因が不明の場合(原発性)に分けられます。原発性腋窩・手掌多汗症には外用剤を処方することができます。

前の記事

凍瘡(しもやけ)

次の記事

熱傷