尋常性疣贅(いぼ)

手足によくみられるいぼ(ウイルス性疣贅)はHPV(ヒトパピローマウイルス)が皮膚に感染してできたものです。放置しているとイボは大きくなり、まわりの皮膚に広がったり、周囲の人に感染してしまうこともあります。基本的な治療は液体窒素療法(冷凍凝固術)です。治療にあまり反応しない場合や、足底などの深く大きいイボは塗り薬や貼り薬、内服薬などを組み合わせて早く治るように工夫しています。

次の記事

尋常性乾癬