帯状疱疹

初期症状は左右の片側に、痛みや知覚異常として現れ、次にその部位に発疹が出ます。神経痛を伴うことが特徴で、痛みの程度はさまざまですが、長期間続くこともあります。 原因は水痘・帯状疱疹ウイルスで、水ぼうそうにかかった人の神経節にウイルスが潜伏しています。抵抗力が弱った時(発熱、紫外線に当たった時、外傷・疲労などのストレス)に再活性化されて発症します。治療はウイルスの増殖を抑える抗ウイルス薬を内服し、神経痛を和らげる鎮痛剤、塗り薬を使います。

前の記事

蜂窩織炎

次の記事

水痘(水ぼうそう)