水痘(水ぼうそう)

ヘルペスウイルスに属する水痘・帯状疱疹ウイルスが原因で発症します。水痘・帯状疱疹ウイルスは感染力がとても強く、空気中に漂うウイルスを吸い込むことで感染する空気感染、咳・くしゃみなどによる飛沫感染、接触感染によって広がります。主に小児の感染症ですが、幼少期に予防接種や発症で免疫が付かなかった場合は成人してから発症することもあります。かゆみを伴うのが特徴で、1週間ほどかけて、赤い発疹から水ぶくれになり、茶色いかさぶた(痂皮)へと変化していきます。かさぶたになるとウイルスは消失するため、通園や通学が可能になります。

前の記事

帯状疱疹

次の記事

ヘルペス