虫刺症

虫が吸血する際に注入される唾液成分に対するアレルギー反応(蚊、ブユ、アブ、ノミ、トコジラミなど)、あるいは虫の毒液に含まれるヒスタミン類(ハチ、クモ、ムカデ)や、有毒毛に触れることで引き起こされるもの(チャドクガ、ドクガ、イラガなど)があります。アレルギー反応の場合、虫に刺された頻度やその人の体質によって症状の現れかたに個人差があります。

前の記事

睫毛貧毛症

次の記事

接触皮膚炎(かぶれ)