粉瘤

粉瘤(ふんりゅう)はアテロームとも呼ばれます。 皮膚の内側の皮下組織に老廃物がたまることで発生します。徐々に大きく成長し、あずき大~鶏卵大までになります。粉瘤の中身は、ドロドロしたあぶら(脂)様物質です。 初期の小さな粉瘤は白色~肌色で、痛み、発赤などの目立った症状がありません。大きくなると、黄色、黒色、青色などになり、感染することで痛み・発赤・腫脹の症状が出ます。粉瘤は皮膚のどの場所にも発生しますが、顔面、頭、背中などに多く発生します。 粉瘤は、手術によって袋をキレイに取り除くことができます。当院では、患者様の状態に応じ局所麻酔下での粉瘤の日帰り手術を行っております。感染した粉瘤には、状態により切開術を行うことや、抗生剤の内服もします。

前の記事

巻き爪・陥入爪

次の記事

たるみ(RF治療)