薬疹

体内に摂取された薬やその代謝産物により誘発される皮膚や粘膜の発疹です。薬を開始した後に、その薬に対してアレルギーを発症して全身に赤みや痒みが生じます。まずは原因薬の特定を行い、薬を中止します。薬疹には軽いものから命に係わる重症なものまでさまざまな種類があり、重症度に合った治療を行うことが大切です。

前の記事

尋常性乾癬

次の記事

蕁麻疹